必見肺がんの治療法

統合医療というのは、近代西洋医学を基本にしていている対症療法及び、原因療法の2つを統合することによって、両者の特性を最大限に活かすことで患者にとってよりよい治療を行なうことです。
統合医療における原因療法とは、単に病だけでなく人間の心身全体を診ることを指しています。


この原因療法は、伝統医学や代替医療などがあります。

日本でもこうした統合医療の推進が急務となってきています。

統合医療への期待が高まっていることは、この国で高齢化が進んでいる状況と大きく関係しています。

医療は治療としてのものだけではなく、病気の予防領域についても重要視されるようになってきています。

発毛の基礎知識|薄毛脱毛症の治療.comについて気になる方はこちらです。

今話題の便利な肺がんについての知識を高めてもらうためのサイトです。



実際の医療の現場において、外科手術や救命救急などでは、近代西洋医学でしかなしえない治療が行なわれます。その一方では、近代西洋医学では治療不可能といわれた症状に対して、伝統医学や、代替医療の有効性が数多く報告されるようになってきています。
こうした統合医療が目指すものとしては、患者ひとりひとりに焦点をあてた患者中心の医療を行うことや、身体、精神だけではなく人間を包括的に診る医療を行うこと、治療するだけではなく疾病の予防や健康増進に寄与することができるあり方、また人が生まれてから死ぬまでの一生をケアする包括的な医療を行うことなどがあります。

統合医療が注目されるなかで医療の課題はさまざまあります。


国内では、少子高齢化による医療費増大の問題があり、海外においては、開発途上国に対する医療サービスの供給の不足などの問題があります。こうしたさまざまな問題を解決するためには、近代西洋医学だけでは、限界があると考えられてきています。

こうしたことから、地域の文化や生活に根ざした伝統医療の重要性や代替医療への関心が高まってきています。
世界各国には、地域特有の文化と歴史に根ざした伝統医療や、代替医療があります。

そうした伝統医療などに先端技術を駆使した研究開発が進められてきています。

こうした先端技術と伝統医療が融合して、有益な医療が創られるようになってきています。